記事一覧

オメガ(OMEGA)極上の小径モデル、 ブランドをピックアップ!


いわずと知れた高級腕時計の定番ブランドであるオメガは、1848年に小さな時計工房としてスタート。防水時計「シーマスター」をはじめ、数々の名作を世に送り出してきました。メンズのイメージが強いブランドですが、実はレディース腕時計も高い機能性と品格を兼ね備えた魅力的なモデルが豊富にラインナップしています。



エレガントなルックスと高い防水性で人気のモデル「AQUA TERRA」。15気圧防水仕様で、日常使いならば水濡れを気にすることなく使用可能です。

また、オメガの画期的な機械式ムーブメント「コーアクシャル」を搭載しており、お手入れの手間も軽減されています。マザーオブパールとダイヤモンドを配した文字盤はリッチな印象。ケースは34mmとほどよいボリューム感でシンプルな装いに華やかさを添えてくれます。



英語で星座を意味する「CONSTELLATION」。ドレッシーなルックスで人気を集めるオメガの定番モデルです。6時位置にあしらわれた星モチーフがかわいいワンポイントになっています。

ローマ数字を刻印したベゼルと、18Kホワイトゴールドのバーインデックスを組み合わせたスタイリッシュなケースデザインも魅力。25mmと控えめのサイズ感が女性らしく、大人の女性に求められるきちんと感も演出できます。


【関連記事】:http://ginnokago.top/

愛でる楽しみすら与えてくれる、美しき超複雑機構の世界

時計には長針と短針が必要だなんて誰が決めたのか。針を変え、軸を増やし、最先端の技術で作られる機械仕掛けの世界は、洗礼された美しいデザインへと変貌を遂げる。スーパーコピーそう、時計は芸術品なのだ。

HYT
HYT/H2.0
液体が時を指す、腕元の科学実験室



SSケース、51mm径、手巻き。1366万円/オールージュ 03-6452-8802
まるで科学の実験装置を思わせるようなスタイル。センターの分針に対して、時は文字盤の外周に配された毛管の緑の液体で表示する。

実は毛管内は、緑と透明の2種類の液体で満たされ、両者は決して混じり合うことなく、下部にV字状に配されたふいごにそれぞれ貯められている。ここに動力が伝わることで必要量の液体が送り出され、その境界線で時を示すのである。

しかも伝達される動力は、オーセンティックな手巻き式ムーブメントによって調速や脱進が行われ、正確な時を表示するための力が伝達される。このユニークな時計は、針を使って時刻を指すという計時の常識を、軽々と超えてしまった。

ULYSSE NARDIN
ユリス・ナルダン/フリーク ビジョン
革新の象徴にいよいよ初の自動巻きが登場


Ptケース、45mm径、自動巻き。1191万2400円/ソーウインド ジャパン 03-5211-1791
2001年にフリークが初めて登場したとき、誰もがその革新性に目を見張った。

今では多くの時計ブランドがパーツ素材として採用する熱安定性に優れたシリシウムをいち早く取り入れたのも、このフリークだった。

その革新性は現在も変わらず、17年を経て、初の自動巻きが登場した。時刻は、文字盤の回転ディスクに備えた白い三角ポインターと、中央の舟形を描くブリッジの先端の白い三角ポインターで指す。

このブリッジにはムーブメントを搭載し、自身の回転によって重力の影響を抑えるカルーセル機構にもなっている。ロレックスサブマリー偽物また新開発のグラインダー機構は従来の2倍の巻き上げ効率を実現した。

HARRY WINSTON
ハリー・ウィンストン/イストワール・ドゥ・トゥールビヨン 9
シンメトリーに演出する3軸トゥールビヨン


11月発売予定。世界限定10本。K18ローズゴールドケース、46.5mm径、手巻き。6950万円[予価]/ハリー・ウィンストン 0120-346-376
トゥールビヨンの可能性に挑戦するシリーズは、今回で第9作を数え、ケースはコレクションでは最小の46.5mm径を採用。まず目を引くのが、直径20.5mmを誇る大型の3軸トゥールビヨンだろう。

内側、中間、外側のキャリッジがそれぞれ45秒、75秒、300秒で1回転し、シルエットはエメラルドカット・ダイヤモンドを象ったブランドロゴを思わせる。

その上部には、レトログラード式の時針と分針を左右にそれぞれ設け、美しい扇型のシンメトリーデザインを生み出す。また時針はジャンピングアワー機構により、心地良く瞬転するとともに、視認性に優れる。

【関連記事】:流行の単一の製品ど最新の組み合わせ

ツウも唸る進化を遂げたタグ・ホイヤーとロレックスの2トップ

名作の条件に「不変性」をあげることができる。ただ、デザインの変化を受け入れることで、新たな名作としてより輝きを増すこともある。

図らずもこの2つの名作時計が今、それを体現してくれている。

タグ・ホイヤーのモナコ


カーボンケース、縦39×横39mm、自動巻き。87万円[予価]/タグ・ホイヤー 03-5635-7054
唐突だが、バンフォード ウォッチ デパートメントをご存じだろうか。イギリスを拠点とする高級時計のパーソナライズカンパニーで、時計ツウの間ではつとに有名。ロレックス腕時計 レディース高い技術と先端的なセンスで、未来的な仕上げをしてくれるレアな存在なのだ。

それが今年、タグ・ホイヤーとコラボレート。モデルに選ばれたのは角形の名機、モナコである。マーブル調のカーボンケースを纏ったオールブラックの佇まいに、アクアブルーのクロノグラフカウンターがクールな世界観を見事に表現する。

そして改めて感服するのは、デザインに手が加わってなお輝きを増す、モナコの器の広さ。これぞ名作の証しといえるのでは? 世界限定500本。

ロレックスのGMTマスターⅡ

SS×K18エバーローズゴールドケース、40mm径、自動巻き。134万円/ロレックス(日本ロレックス 03-3216-5671)
マイナーチェンジを繰り返し、ひとつのモデルの熟成を続ける姿。そこには、完成度を極めつつ技術革新を迷いなく追加するロレックスの堅実さと自信がうかがえる。

最新「GMTマスターII」とて同じ。新キャリバーの搭載だけでなく、外装も進化を続けている。

同モデルはこれまで、ベゼルの配色にちなむ愛称がつくほど熱烈なファンを獲得してきたが、今回のエバーローズゴールドとSSのコンビモデルにはシリーズ初となるブラウンのセラクロムを採用。

ブラックのセラクロムベゼルとブラックラッカー文字盤からなる配色は、大人の余裕を感じるモダンクラシックな佇まい。ツウなファンにはかなりササる1本かと。

【関連記事】:世界中のパーソナルショッパーが発信中!バイマだけのファッショントレンド情報!

後発だからこそできる。誰の意見にも左右されないベル&ロスの時計作り

航空機の計器をモチーフとした「BR 01」を筆頭に、オーシャンズ世代に厚く支持されるモデルを揃えるウォッチブランド、ベル&ロス。創業者のブルーノ・ベラミッシュとカルロス・ロシロを支える“第三の男”が、新作とともに来日した。

ベル&ロスとは?
1992年、ブルーノ・ベラミッシュとカルロス・ロシロの、2人のフランス人が設立したウォッチブランド。パリにオフィスを構え、スイスのラ・ショー・ド・フォンで製造。’97年、軍用時計のスタイルを踏襲した初のモデル「ヴィンテージ」を発表。2005年に発表した角型ケースの「BR 01」は、時計業界のみならずファッションシーンでも話題を呼び、ブランド躍進のきっかけとなった。現在、直営店は世界で12店舗を構え、80カ国以上で販売されている。

「誰の意見にも左右されない時計作りを続けていきたい」

ジェネラル・マネージャー ファビアン・ドゥ・ノナンクール 氏 1970年、フランス北東部の都市、ナンシー生まれ。タグ・ホイヤーに14年間在籍し、時計部門のジェネラル・マネージャーを務める。キャリアのなかでアジアを担当した4年間は日本に在住。2010年にベル&ロスに入社し、セールス部門のトップとして市場開拓に尽力。’17年、現職およびインターナショナル・セールス・ディレクターに就任。趣味はランニング。フルマラソン初挑戦となった昨年のパリマラソンは見事完走。今年のバーゼルワールドでは毎朝15kmのランを欠かさなかったとか。
角型ケースの名作ウォッチ「BR 01」で知られるベル&ロス。ブランド名は、クリエイティブ・ディレクターのブルーノ・ベラミッシュと、CEOのカルロス・ロシロという2人の創業者のラストネームに由来する。彼らを2010年から支え続けているセールスのキーパーソンが、ファビアン・ドゥ・ノナンクール氏である。

「創業者2人の情熱こそ、時計作りの原動力でしょう。高校時代から友人関係にある彼らは、四六時中コミュニケーションをとっています。ミーティングを終えたかと思えば、離れた直後に電話で話している(笑)。ベラミッシュは、職人気質でストイック。ロシロは、社交的で話好き。性格はまったく違いますが、非常に仲が良いのです」。

ベル&ロスの腕時計の特徴は、洗練されたミリタリースタイル。コレクション数が増え続けている現在も、一貫してそのスタイルは変わらない。

「2人とも軍用航空時計に強く惹かれてきましたからね。“装飾を排除した実用主義の時計”を作ることが目的。パイロットやダイバーといった過酷な環境下で働くプロたちに向けた時計作りが、ブランドの原点なのです」。

実用主義の腕時計を作る土台となっているのが、4つのデザイン哲学だ。

「視認性、機能性、信頼性、そして精度。例えば、インデックスのフォントや光を吸収するマットな黒文字盤は、本物の航空機の計器にも採用されているもの。その視認性は抜群です」。

昨年、20年以上にわたってブランドの屋台骨となってきた「ヴィンテージ」シリーズをリニューアル。デビュー当時の「ヴィンテージ」が本来革新的な腕時計だったことを思えば、進化を続けるのは当然のことなのかもしれない。

「元々このシリーズは、1940年代の航空時計を最先端の技術で蘇らせることが狙いでした。モダンデザインが主流だった’90年代に、時代に逆行してヴィンテージスタイルを追い求めていたのです。今でこそ復刻デザインは多く見られますが、当時としては画期的でした。クルマなども同じですが、リニューアルというのは“芯”を変えずにディテールをアップデートするということ。時代性を汲み取り、ユーザーを飽きさせないことも大事なのです」。

最新作「BR レーシングバード」にもそんな革新性が見てとれる。

「我々の重要なインスピレーション源である航空の世界を表現する時計。そのために、飛行機をデザインすることから始めました。航空専門家を迎えて、実際に飛行できる“BRバード”という飛行機を設計したのです。残念ながら、主に予算の問題で実際に作ることはできませんでした(笑)。この時計のデザインは、我々にとってはいわば“逆輸入”。特にそのカラーリングなどは、飛行機そのものをデザインしなければ生まれ得なかったと思います」。

今回の飛行機以前にも、時計を作る前にバイクやクルマをデザインしてきた実績を持つベル&ロス。こうした斬新な手法は実際のところ、ほかのブランドで目にしたことはない。

「誰の意見にも左右されない時計作りは、独立系の後発ブランドだからできること。いわゆるメガブランドでは無理でしょう。今後も変わらずに、自分たちがやりたいことを、思うままにやり続けていきたいですね」。

【関連記事】:すべての最高級のデザインは私たちの生活と切り離せない

ウブロがWBSC プレミア 12の公式タイムーキーパーに就任、購入者向けキャンペーン実施中

 11月2日(土)に開幕した2019 WBSC プレミア 12で、ウブロがオフィシャルタイムキーパーを務めている。

 WBSC プレミア 12は、2015年に初めて開催されて以来、4年ごとに開催されている野球の国際大会。2回目となる今年は日本がホスト国を務め、東京五輪の前哨戦とも位置付けられている。スーパーコピー時計世界ランキング上位12ヵ国による予選を経て、勝ち抜いた各グループ上位2チームが日本で行われるスーパーラウンドに進出する。



決勝戦のMVPに贈呈される「アエロ・フュージョン ヴィクトリー」。自動巻き(Cal.HUB1155)。60石。Tiケース(直径45mm)。2万8800 振動/時。パワーリザーブ約42時間。5気圧防水。
ホワイトレザーのストラップには金糸での縫い取りがなされ、プレミアリーグにふさわしい野球ボールをイメージしたデザインとなっている。
 決勝戦のMVPには、野球ボールをイメージしたゴールドスティッチの特別ストラップをあしらったウブロ コピー「アエロ・フュージョン ヴィクトリー」が贈呈されるほか、決勝戦での敢闘賞および3位決定戦でのMan of the Game 賞の受賞者にもウブロの時計が贈られる。

 また、キャンペーンとしてトーナメント期間中(11月2日〜17日)に、「アエロ・フュージョン オールホワイト」または「アエロ・フュージョン クロノグラフ チタニウム」を購入した人には、特別なゴールドスティッチを施したストラップをプレゼントする。


【関連記事】:2021ロマンチックなプレゼント

アーミン・シュトロームが開発した新コンスタントフォース・バレル搭載「グラヴィティ・イークォル・フォース」

アーミン・シュトロームからまた一つ革新的な機構を持つ新作が発表された。通常のメインスプリングバレルを逆さまにセットし、クラッチ分離による作動停止機構とテンプにコンスタントなパワーを伝達する自動巻機構を組み合わせた装置が加えられている。


「グラヴィティ・イークォル・フォース」のコンセプトは、テンプに均等なパワーを伝達し、それにより一定した歩度を保つことにある。従来の作動停止機構を進化させたアーミン・シュトロームの画期的なクラッチ分離による作動停止システムは、メインスプリングバレルの中で機能しテンプに伝達されるトルクを制限してなめらかなパワー伝達を行う。クラッチ分離による作動停止システムが自動巻ムーブメントの中に組み込まれたのは初めてで、コンスタントフォース・バレルと名付けられた。


アーミン・シュトローム「グラヴィティ・イコール・フォース」
自動巻き。28石。25,200振動/時。ジュネーブ駆動コンスタントフォースバレル。SSケース(直径41mm / 厚さ12.65mm)。約72時間パワーリザーブ。30m防水。2,250,000円(税別)


伝統的な美しい仕上げ



この価格帯では実現しにくい手作業での面取りや仕上げが随所に施される。ぜひ手に取って他社と見比べていただきたい。

【関連記事】:悠久歴史腕時計ブランド

モーリス・ラクロア「アイコン オートマティック」の女性モデルにストラップタイプが登場

モーリス・ラクロアの人気シリーズ、「アイコン オートマティック」を35mm径のケースに収めたレディースモデル「アイコン オートマティック35mm」に新た2種類のストラップモデルが加わる。発売時期は10月の予定だ。

モーリス・ラクロア「アイコン オートマティック 35mm」



ブルーダイアルはクル・ド・パリ装飾、8ポイントダイヤモンドを持つ。従来モデルのスポーティーな印象を引き継ぎつつも、ストラップモデルはよりエレガントな装いを手にした。
アイコン オートマティックの最新作
 2019年11月に発売となったモーリス・ラクロアの人気モデル「アイコン」初の機械式レディスウォッチ「アイコン オートマティック 35mm」に新たな顔ぶれが加わる。これまではブレスレットタイプのみでの展開であったが、ストラップバージョンが追加になったことで、ソリッドなイメージが少しソフトになったと言える。



モーリス・ラクロア「アイコン オートマティック 35mm」Ref.AI6006-SS001-450-1
自動巻き(Cal.ML115)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径35mm)。20気圧防水。20万円(税別)。2020年10月発売。
 カラー展開はブルーとブラックの2色。ブルーはサンブラッシュ仕上げのクル・ド・パリ装飾に8ポイントダイヤモンド、ブラックはブラックマザー・オプ・パールに8ポイントダイヤモンドとなっている。つまりエッジが効いたブルー、よりシックでエレガントなブラックか好みに応じて選択が可能だ。発売時期は2020年10月頃が予定されている。ちょうど夏が終わった頃、ストラップの時計を心置きなく楽しめる季節となっている。

 近年、モーリス・ラクロアの中でもアイコンシリーズの人気はメンズでも高くなっている。現実的な価格帯と存在感のあるデザインが好評だ。アイコンが最初に発売されたのは16年のことだが、モーリス・ラクロアの人気モデルカリプソの復刻モデルとしてアイコンは登場した。カリプソは1990年の発売だったのでアイコンの歴史を辿ると30年前からその布石があったと言える。



ブラックダイアルはブラックマザー・オブ・パールのエレガントな艶が美しい。8ポイントダイヤモンドと細身の針がより女性らしい雰囲気を演出する。
 元々アイコンのレディースモデルはクォーツムーブメント搭載機に限られていたが、女性からの機械式モデルの要望が高まっていることにより、待望の機械式レディースウォッチの誕生となった。機械式時計を検討している女性にとって、ストラップやブレスレットの選択肢が多いということはうれしいことに間違いない。女性はファッションの一部として時計を捉えることが多く、ストラップなのかブレスレットなのか、ということは男性が時計を選ぶ以上に重要視されるポイントだ。

 アイコンオートマティックはスポーティーなケースデザインとエレガントなダイアルのコントラストにより、シーンを選ばず使うことができる。搭載されるムーブメントは自動巻きのCal.ML115。時分針と同軸上に秒針があるセンターセコンド仕様、3時位置にはデイト表示を備え、パワーリザーブは約38時間となっている。さまざまな要素を考慮しても、この価格帯はいい意味で驚きだ。

韓国スターのヒョンビンがオメガファミリーに仲間入り

オメガは、韓国のスターであり、日本でも絶大な人気を誇る俳優のヒョンビンを、オメガファミリーの一員として迎え入れたことを発表した。最近の活躍として、ヒョンビンは2019年のヒットドラマ『愛の不時着』にて北朝鮮の将校リ・ジョンヒョクを演じている。このドラマは現在190カ国で放映されており、日本でも社会現象を巻き起こした。2020年には、イ・ジョンソク監督のサスペンス映画『ザ・ネゴシエーション』にて主役の北朝鮮エージェントを演じている。



オメガ × ヒョンビン
 類稀なる魅力と俳優としての優れたキャリアでその名を知られるヒョンビンは、これまでアクションからドラマまで幅広い役柄を演じてきた。ブレイクのきっかけとなったのは2005年に放送されたTVドラマ『私の名前はキム・サムスン』だ。



ブレイク以降、ヒョンビンは数多くのテレビ・映画作品で主役を務め、数々の名誉ある賞レースでのノミネートや受賞を重ねてきた。第47回ペクサン芸術大賞ではTV大賞を受賞している。



ヒョンビンはオメガ ファミリーに仲間入りしたことで、その他の著名なファミリーメンバー達と肩を並べることになる。ジョージ・クルーニー、ニコール・キッドマン、シンディー・クロフォード、ダニエル・クレイグやエディ・レッドメインなど、エンターテイメント業界からの錚々たる顔ぶれに加え、数多くのスポーツ選手や探検家にも有名なオメガファミリーが揃っている。

【関連記事】:流行している星手首

ノモス【2021 新作】日本限定で発売する各色35本限定の「タンジェント スポーツ JP Limited

ノモスが20年前に製作した「タンジェント スポーツ」を復刻し、日本限定モデルとして「タンジェント スポーツ JP Limited」が発売された。ホワイトシルバーとジェットブラックの2色展開で、各色35本という希少性の高さにも注目したい。


オリジナルモデルのデザインを踏襲
 ノモスは2021年の新作として、日本限定モデルとして展開する「タンジェント スポーツ JP Limited」を発表した。このモデルの製作は日本で企画され、今から20年前に発売された「タンジェント スポーツ」を復刻させたものだ。ロレックス レプリカダイアルのデザインと直径36.5mmのケースは、20年前当時のモデルをそのまま再現しており、新たにブラックのダイアルを追加した。



ノモス「タンジェント スポーツ JP Limited」
手巻き(Cal.Alfa)。17石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約43時間。SS(直径36.5mm、厚さ7.5mm)。100m防水。日本限定各色35本。31万9000円(税込み)。
 ダイアルにはオリジナルモデルを踏襲し、偶数のみアラビア数字で表記したインデックスが配されている。ホワイトシルバーのダイアルにはブルースチールの針を、ジェットブラックダイアルにはクローム仕上げの針を組み合わせた。ロレックス 偽物時分針と外周のアワーマーカーにはスーパールミノバが塗布されており、クラシカルなデザインの中にも、暗所での視認性を重視した実用性を秘めている。

 36.5mmの控えめなサイズと7.5mmという厚さからは、100mの防水性能を備える時計には見えないだろう。「タンジェント スポーツ」という名にふさわしく、2019年より登場したノモス初のステンレススティール製ブレスレットを装着することで、現代的でスポーティな要素を一層強めた。さらにブルーブラックのテキスタイルストラップが付属しているため、より着用シーンを広げ、カジュアルで柔らかな演出も可能だ。



男女ともに日本人の腕に馴染みやすい本作は、ウブロ ビッグバンホワイトシルバー、ジェットブラックの2色がそれぞれ35本のみ製作され、日本でのみ販売される。

2021年最新ROLEXスポーツモデル定価表!

こんにちは。

今日は普段のレビューとはちょっと趣向を変えて、ロレックスの最新定価表を掲載しようかと思います。

私が個人的に調べたものなので参考程度にして頂けると幸いです。
コスモグラフデイトナ
116500LN    ¥1,387,100(税込)
116503      ¥1,842,500(税込)
116503G     ¥2,053,700(税込)
116503NG    ¥2,053,700(税込)
116508      ¥3,873,100(税込)
116508G     ¥4,084,300(税込)
116508NG    ¥4,372,500(税込)
116518LN    ¥3,007,400(税込)
116518LNG   ¥3,218,600(税込)
116518LNNG  ¥3,506,800(税込)
116519LN    ¥3,140,500(税込)
116519G     ¥3,351,700(税込)
116519LNG   ¥3,639,900(税込)
116509      ¥4,161,300(税込)
116509G     ¥4,372,500(税込)
116509NG    ¥4,660,700(税込)
116515LN    ¥3,140,500(税込)
116515LNA   ¥3,807,100(税込)
116505      ¥4,161,300(税込)
116505A     ¥4,827,900(税込)
116506      ¥8,013,500(税込)
116506A     ¥8,680,100(税込)
シードゥエラー
126600      ¥1,230,900(税込)
126603      ¥1,754,500(税込)
ディープシー
126660      ¥1,331,000(税込)
126660D-ブルー  ¥1,365,100(税込)
サブマリーナノンデイト
114060      ¥832,700(税込)
サブマリーナデイト
116610LN    ¥943,800(税込)
116610LV    ¥987,800(税込)
116613LN(LB) ¥1,487,200(税込)
116618LN(LB) ¥3,774,100(税込)
116619LB     ¥4,062,300(税込)
GMTマスターⅡ
126710BLNR  ¥1,020,800(税込)
126710BLRO  ¥1,020,800(税込)
126711CHNR  ¥1,565,300(税込)
126719BLRO  ¥4,050,200(税込)
126719BLRO(メテオライト) ¥4,228,400(税込)
126715CHNR  ¥4,050,200
ヨットマスター37
268622      ¥1,188,000(税込) 
268621      ¥1,387,100(税込)
268625      ¥2,453,000(税込)
ヨットマスター40
126622      ¥1,265,000(税込)
126621      ¥1,531,200(税込)
126655      ¥2,886,400(税込)
126655(文字盤ダイヤ) ¥4,996,200(税込)
ヨットマスター42
226659      ¥3,052,500(税込)
ヨットマスターⅡ
116680      ¥1,975,600(税込)
116681      ¥2,686,200(税込)
116688      ¥4,605,700(税込)
116689      ¥5,094,100(税込)
エクスプローラーⅠ
214270      ¥687,500(税込)
エクスプローラーⅡ
216570      ¥875,600(税込)
ミルガウス
116400GV    ¥876,700(税込)
エアキング
116900      ¥676,500(税込)

まとめ
いかがでしたでしょうか。

ロレックス サブマリーナ個人的な感想になりますが…やっぱりデイトナの種類が多い。笑。
エクスプローラーシリーズは非常にシンプルに作れました。笑。

作ってみて今まで知らなかった126719BLROと126715CHNRの価格差がないことを初めて知ったりと個人的発見もあってよかったです。

ドレスモデルは中々大変ですが…機会があればやってみようと思います。

それではまた次回の記事で!

トケマーおすすめロレックス

¥1,980,000
ブランド名ROLEX ロレックス 商品ランク中古AB 参考定価-円 型番116520 メンズ・レディースメンズ 文字盤黒 ムーブメント自動巻 ケースサイズ40mm ベルト内周約18 5cm 素材ステンレススティール 付属品箱 ・保証書 正規:2006年3月印 ・冊子 ・クロノメータータグ・プライスタグ 保証期間当店保証12か月 状態旧型のデイトナRef 116520が入荷しました。 日本正規品でありながらプライスタグも完備している珍しい個体です。 名前部分は個人情報の為消してあります。 相場が徐々に上がってきているモデルです。

ロレックス ヨットマスター

トケマー:【現金特価】ロレックス ヨットマスター 116622 ランダム番 ブルー文字盤 中古A 10551570
¥1,248,000
ブランド名ROLEX ロレックス商品ランク中古A参考定価-円型番116622メンズ・レディースメンズ文字盤ブルー文字盤ムーブメント自動巻ケースサイズ40mmベルト内周約18 5cm素材ステンレス付属品箱 ・保証書 正規2019年1月印 ・冊子 ・クロノメータータグ保証期間当店保証12ヵ月状態・ヨットマスター Ref 116622

ヴィンテージ×最新技術の完璧なる融合

いよいよ、本題に入る。復刻時計に対する解釈はブランドによって見解が分かれるところだが、「リマスター01 オーデマ ピゲ クロノグラフ」が異彩を放つ理由は、現代的なバランス感覚を忘れずに、Ref.1533が持つコンビカラーなどの洗練されたデザインコードを継承している点にある。

ステンレス×ピンクゴールドの組み合わせはエレガントで落ち着きがある。カーフスキンストラップのほか、ブラウンのアリゲーターストラップを付属する。
視認性の向上を目的にクロノグラフカウンターを改良した文字盤、ティアドロップ型のラグ、18Kピンクゴールドのベゼルとリュウズ、プッシュボタンなどが、それに該当する。



45分まで計測できる9時位置の積算計をはじめ、文字盤には細かな改良が加わっている。
手巻き式のクロノグラフであったオリジナルとのいちばんの違いは、全体を4mmほど拡大したケースデザインと、1943年当時では実現不可能だった自動巻きムーブメントの採用にある。

ケースバックから鑑賞できる22Kピンクゴールドのローターは、マスタリングの証だと言える。



クル・ド・パリ装飾を施したピンクゴールドのローターを採用した自動巻きムーブメントCal.4409。
ブティック限定555本という稀少性もまた魅力。次回作も俄然気になる注目のプロジェクトの始まりは、世界中の時計好きにとって福音以外の何物でもない。


ラウンダイヤルにひと目惚れした「オーヴァーシーズ」


職業柄、衛生上の問題でアクセサリーを身に着けることが難しい澤田さんにとって、腕時計は唯一、その役割を果たす存在だという。

「成人式の記念でオメガのスピードマスターを購入してから腕時計に興味がありましたが、本格的に集め始めたのは独立後の30代からです」。

収集の対象はスポーツウォッチ全般。特に“ラグジュアリースポーツウォッチ”が占める割合は多い。

「2006年の発売されたばかりの頃、パテック フィリップのノーチラス Ref.5711/1で味をしめてから、気になるモデルがあればチェックするようにしています。

スポーツウォッチの魅力は、ファッション性の高さはもちろんですが、多くが薄型であることが僕のなかでは大きいですね。

一時期“デカ厚”と呼ばれる時計も着けていましたが、作業中にぶつけてしまうことも多くて。薄型であることはとても魅力なんです」。

最近のお気の入りは、ヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズ。市場人気はブルーダイヤルが圧倒的だが、澤田さんはあえてブラウンを選んでいる。



言わずとしれたラグジュアリースポーツの代表モデル、オーヴァーシーズ。
「コーヒーを連想させるブラウンダイヤルに弱くて、良さそうな時計が見つかるとつい(笑)。

去年、オーヴァーシーズにブラウンダイヤルがあることを知って、これはアリだなと。そこで銀座のヴァシュロン・コンスタンタンに聞いてみたところ、すでに廃盤だと言われまして。

結局、セカンドマーケットで探すことになったんですが、どうやらブラウンダイヤルは人気が落ち着いているようで、かなり予算を抑えて買うことができてラッキーでしたね」。


ボリュームを抑えた41mm径のサイズは合わせる服を選ばない。
愛用のコーチジャケットにもよく馴染むオーヴァーシーズとの付き合いは長くなりそうだ。

【関連記事】​​​​​​​: 2021ファッション人気腕時計情報

オリンピック空手選手が好きな腕時計おすすめブランドおすすめ

CAPRI WATCH Watch Oversize First Full Stainless Steel Art. 4797-00

白を基調とした、清涼感あふれるデザインの腕時計。ロレックス腕時計 価格とてもシンプルながらも、カプリウォッチ独特の高級感を残したデザインになっています。文字盤のローマ数字とカプリウォッチのロゴがリゾート感をプラス。

traser MIL-G Green spirit

黒と蛍光グリーンの2色のコントラストが特徴的なデザインですね。ミリタリースタイルに相性抜群のカラーリングなので、太目のボトムと合わせた力強い男らしいコーディネートに最適なデザインになっています。ロレックス 偽物ベルトとフェイスのデザインが統一されているので、まとまりのある印象です。

traser Code Blue Shadow

ブラックで統一された男らしい印象のデザインです。本体重量が45gと非常に軽量化されているので、夏のアウトドアにはもちろん、スポーツにも向いている腕時計ですね。夏は、なるべくシンプルな腕時計で、アクティブに楽しみたい人にとっては最高の腕時計です。

オリンピックのソフトボール選手が好きなメンズ腕時計おすすめです。


グランドセイコー。

お値段の方は、1,265,000円。

グランドセイコー60周年記念モデルとなる、こちらのダイバーズウォッチは、700本の数量限定モデルとなっております。

2つの香箱を採用することにより、最大巻上時約120時間というロングパワーリザーブを実現し、また、特殊な構造によって平均月差±10秒の時間精度を誇るという意欲作になります。

グランドセイコーブルーと呼ばれるダイヤルカラーは、夏の日差しに映えそうですね。

ケースサイズは46.9mmと、かなりの大きさですが、ブライトチタン製ということで、重量は見た目ほど感じないと思われます。


ロレックス、デイデイト。

お値段の方は、3,600,000円。

ロレックスのデイデイトは、個人的にも上がりにしたい1本でございます。

これ1本あれば、もう他の時計は何もいらないかな、ロレックス腕時計専門店なんて気にさせてくれるデイデイト。

かなり金ぴかの時計なので、一般的なウケは決していい方ではないかもしれませんが、腕時計なんて所詮は自己満足で着ける以外、何物でもないと思うのでね。

自分の気に入った時計を着けるのが一番だと思うのです。

それにしても、360万円という価格がネックになってくるわけで、これはもう、国産のいい車が買えちゃいますね。

40万円台で買えるロレックスと知っておきたい購入方法


時計の王様、ロレックス。直近2020年9月の新作発表でも大きな話題を呼び、改めて時計業界におけるその存在感を知らしめました。おそらく本格時計についてあまり知らない方でも高級時計=ロレックスのイメージは定着しているのではないでしょうか?

そのイメージもあって、実際にやはりその価格帯は高価なものとなっています。しかし、中には比較的リーズナブルな価格で購入できるモデルも存在します!今回は「40万円台」という区切りで手に入れられるロレックスと、事前に知っておきたい購入方法についてご紹介!ロレックスの購入を検討されている方はぜひご覧ください。

※価格は2021年3月23日時点のジャックロード販売価格です。販売価格は予告なく変更になる可能性がございますので予めご了承ください。


デイトジャスト Ref.1601 ¥408,000(税込)
ロレックスの王道、デイトジャスト。1945年に登場して以来、今でもロレックスの代表的なモデルとして人気を博しています。これぞロレックスともいうべきフルーテッドベゼルは、シンプルながらも品のあるクラシックウォッチの定番といえるデザインです。

オイスター パーペチュアル Ref.6500 ¥478,000(税込)
ロレックスの3大発明となる「オイスターケース」「パーペチュアル」を採用した「オイスターパーペチュアル」。こちらはcal.1030搭載の最初期モデルで、1952年製造の70年前に作られた大変趣のある1本です。非常に珍しいずんぐりケースが特徴となっています。

【関連記事】:オシャレな時計でファッションセンスもアップ

オリンピックのソフトボール選手が好きな腕時計です。

そして、デザイン。カッチリしたセットアップスーツからジャケパンまで似合う腕時計が1本あれば、何かと重宝するはずだ。ここで言う“似合う”とは着こなしにマッチしているだけではなく、ビジネスシーンにおいて相手に不快感を与えない、ということ。正統派のシンプル3針であればまず間違いないだろうが、ビジネスとカジュアルの境目が曖昧になりつつある昨今、大きく逸脱しないまでも少し個性を薫らせるモノをあえて選ぶことで効果的に自分を印象づけられることだろう。

キャリバー5といえば、『タグ・ホイヤー』における基幹ムーブメント。そのベースをETA社のモノからセリタのモノに変更するなどの仕様変更はあるものの、今なお信頼ある機構として多くのモデルに採用されている。タグホイヤー 時計 メンズ 人気「カレラ」の中でもオーソドックスなこちらのモデルにも、その名前の通り同ムーブメントを搭載。普遍的な中身に見合うよう、ポリッシュ仕上げにより美しい光沢を放つベゼルは細身に設定され、ダイヤルを大きく見せるなど洗練されたルックスを作り上げている。


ベゼルがダイヤモンドをはじめ、サファイアやグリーンガーネットなどで彩られた装飾性の高い1本。「ロレックス レプリカ」が『ロレックス』の中でも1歩抜きん出た存在である証しであり、セレブたちから支持されている理由が、この1本からも垣間見えます。

父の日オリンピック バスケットボール選手3人が父に時計を贈る

海外の時間も表示する「ワールドタイマーウォッチ」8選
Facebook Twitter 友だち追加
ワールドワイドに活躍する冒険心を持った男を表現する時計
アンダー50万円から700万円オーバーの雲上モデルまで、人気ブランドのワールドタイマーウォッチを集めた。※詳しくは下のフォトギャラリーにて解説!
ワールドワイドに活躍する冒険心を持った男を表現する時計
スマートフォンのマップアプリは便利だけど、旅の計画を立てるのには、地図帳のほうが心が躍る。ロレックス レディースそれが海外旅行であれば、なおさら。紙の地図を広げると、世界の広さが実感できるし、空路のコースも思い描けてワクワクする。そして腕にワールドタイマーがあれば、世界24のタイムゾーンが一目瞭然。渡航先の時間が分かり、旅心をかき立てる。

また、ワールドタイマーは海外相手の仕事にも有効。冒険心あふれる男であることも、印象づけられる。幸いにも近年、同機構を持つモデルが各社から登場しており、どれも優れた機構で、ビジネス海外旅行をサポートしてくれる。

【関連記事】​​​​​​​: 2021世界最新ファッション人気腕時計ニュース

オリンピックの三人のバスケットボール選手が好きな腕時計です。

ソーラー式のこのシリーズは、カレンダー機能が付いたインディペンデントのメンズ腕時計です。
美しい夜空が表現された文字盤のデザインが話題を呼んでいます。

夜空を模したブルーの丸い文字盤に星が散りばめられ、月をデザインした秒針が星々を巡ります。
また、4時の位置にだけ夜光を施して、冬の大三角形のひとつ「プロキオン星」を表しています。

煌びやかでユニークなデザインの腕時計は、パーティーシーンなどにおすすめです。シャネル時計j12人目を引くので、会話のきっかけになってくれます。

インディペンデントのメンズ腕時計の中でも、凛々しい表情を見せているのがこちらのシリーズです。
シャープなフォルムのクロノグラフが、多くの男性たちから支持されています。

文字盤には見やすい大きめのインデックス、時針と分針には差し色が施されており、どちらもデザインのアクセントとして存在感を放ちます。
全体的にモノトーンで、ビジネスシーンで着けていても違和感がありません。

ソーラーテックを搭載しているので、電池交換は不要です。また、耐食性に優れた表面加工処理がされているため、長く愛用できるメンズ腕時計としておすすめします。

【関連記事】:高級腕時計の選択基準

上品なサーモンピンクのロイヤルオーク。その中身はまさに超弩級だった!


AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)
ロイヤル オーク ミニッツリピーター スーパーソヌリ
腕に着けた方が共鳴する画期的なリピーター機構
p28-29_main
SPEC INFORMATION
サーモンピンクのダイヤルは、日本だけの特別色。軽量なチタンのケースも、音響効果を高める。日本ブティック限定35本。ケースサイズ:42㎜ ケースの厚さ:14㎜ ケース素材:チタン ストラップ:チタン 巻き上げ:手巻き 搭載キャリバー:Cal.2959 防水性能:20m 振動数:毎時2万1600振動 パワーリザーブ:約72時間 ムーブメントのパーツ数:362個 石数:32石 ムーブメントの直径:30㎜ ムーブメントの厚さ:6㎜
価格:3355万円
問:オーデマ ピゲ ジャパン
TEL:03-6830-0000

美しく豊かな音が時を告げる革新的ミニッツリピーター
極めて複雑な構造をもつミニッツリピーターを自社で開発・製造できる時計ブランドは、数少ない。レディースギフトガイドそしてそのいずれも、同機構において共通の課題を抱える。腕時計サイズのケースで、いかにして豊かな音量を得るか、だ。ゴングの素材や形状、設置場所などを各社が試行錯誤してきた。創業時からリピーター機構を得意としてきたオーデマ ピゲは2016年、他社とは異なるまったく新しい解決策を導き出した。開発にあたり、スイス連邦ローザンヌ工科大学と共同でメゾンが製作してきたミニッツリピーターの音を解析。美しい音色を探ることから、スタートした。響き方、強弱、長さなど心地よく美しい音色を決める条件は数多くある。ボリュームも重要な要素の一つだ。小さくて音響的に不利な腕時計のケースで、これらをいかに高い次元で実現させるか? たどり着いた答えが、チタンと銅の合金製の音響板と、それを覆う空洞をもつ裏蓋だった。

これまでムーブメントの外周に取りつけられていたゴングを、新たに開発した音響板に設置。ハンマーが打ったゴングの振動(音)に音響板が共鳴し、さらに裏蓋との間の空洞で増幅されて、周囲に設けた穴から外部へと朗々と音色を広げてくれる。しかも装着したままの方が、より音色は豊かになるという。これを名付けてスーパーソヌリ。音は革新したが、機構の基本は、伝統に則る。ゴングはスチール製、リピーターを調速するガバナーも調整が可能な機械式を採用しているといった具合に。と同時に、機械式ガバナーが発する作動音を軽減する新たな形状を考案し、初採用してもいる。

スーパーソヌリは、2016年にロイヤル オーク コンセプトにトゥールビヨンとクロノグラフとともに初搭載され、その翌年に単独で備わる新ムーブメントが誕生。さらに2018年には、その改良型がロイヤル オークに搭載された。それが、本作だ。豊かで美しい音色で時を告げる複雑機構が、アイコニックに装った。

【関連記事】:誰もが楽しめる「大人ガーリーなウォッチ」

IWC パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア 39mmのSS製・純パイロットウォッチ。





レビューのためにこの時計を受け取り、価格を再確認して最初に思い浮かんだことは、IWC パイロッ卜・ウォッチ・オートマティック・スピットファイアはこのうえなくお買い得だということだ。ギアを入れ替えて、The Value Propositionの記事として書こうかと考えたほどで、そっちの企画でも通用すると思ったからだ。個人的にもIWCについて書くのはワクワクするのだが、2000年代半ばに時計ジャーナリストとしてスタートしたばかりの時代に戻れる気がするという理由もある。その頃私が、IWCについてよく評していたことは値段相応の価値があるということだ。結局のところ、IWCは時計の世界に初めて手の届く値段のスプリットセコンド クロノグラフと、比較的手頃なグランド・コンプリケーションを世に出したブランドなのだ。
 初期から存在していた実用的なスタイルが、本機には特に現れていると感じる。新品 IWCパイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイアの価格はわずか54万円(税抜)で、この値段で実にたくさんのことを手にすることが可能だ。


 60万円未満の価格で、新たな自社製オートマティックムーブメントであるCal.32110が手に入り、またそれには時計愛好家をして驚きの72時間パワーリザーブまで備わっている。ムーブメントは、シリコン製ガンギ車とレバーも搭載。3日間パワーリザーブを用意したのは、同社が、複数の時計を所有する人に向けて、日付や時刻をリセットすることなく時計を着け換えるシーンを想像したからだろう(そうは言っても、この時計こそ私がいつも着けていたい時計なのだが)。


テキスタイルストラップを部分的に取り外すと、頑強なケースバックが現れる。

 もちろん、新しいムーブメントは目にできない。裏蓋はクローズドで、軟鉄製インナーケースがムーブメントを包み込み、日常生活における磁場からそれを保護している。鉄製インナーケースで機械式ムーブメントを保護するこの方法は、IWCがパイロット・ウォッチおよびインジュニアコレクションで長年用いてきた実績のあるものであるが、いくつかのブランドから耐磁性ムーブメントがますます発表される時代には、この方法は少し時代錯誤になってきたような感がある。とはいえインナーケースを採用しながら、本機の程良いケース径や厚みには満足している。裏蓋についていえば、クローズドで問題ない。スピットファイア・オートマティックは、紛れもなくヴィンテージの魅力を備えた時計であるが、私にとっては、裏蓋は全体の一部に過ぎない。ただし、もし穴あきタイプのラグだったら...この時計はほぼ完璧にだったと思う。

ページ移動